医療法人 池田医院

〒636-0204
奈良県磯城郡川西町唐院398-1

お気軽にお問い合わせください。 0745-44-1818

腎臓内科 腎臓内科

慢性腎臓病

慢性腎臓病について

慢性腎臓病(CKD=chronic kidney disease)とは慢性に経過するすべての腎臓病を指します。あまり耳にしないかもしれませんが、実は患者さんは1,330万人(成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。
CKDの初期には自覚症状がほとんどありません。それが、CKDの怖いところです。進行すると、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れ、透析が必要となる腎不全に至ります。

早期に発見するには、定期的に健康診断を受け、血液・尿検査や血圧などをチェックすることが重要です。またCKDは、生活習慣の改善や薬物治療によって、進行を遅くすることが可能です。当院では腎臓内科専門医が生活習慣の改善、血圧や糖尿病、脂質異常症、心臓血管系疾患の治療等、総合して治療を行います。

腎臓病は長いお付き合いが必要な病気です。病気だけでなく、日常生活や仕事などにも目を向け、一人一人の患者様にとって、より良い治療を行っていけるよう努めて参ります。

尿検査の異常や腎機能低下など指摘された際は、放置せず、一度当院を受診してください。どんな小さな事でも、ご相談ください。池田医院が、地域の方々にとって身近な存在となれば幸甚です。

腎臓内科の主な症状

初期は自覚症状がない事も多いですが、病気が進行するにつれ以下のような症状が出てくることがあります。

  • むくみ

    むくみ

  • 息切れ

    息切れ

  • 夜間頻尿

    夜間頻尿

  • 倦怠感

    倦怠感

  • 尿の泡立ち

    尿の泡立ち

  • 血圧が高い

    血圧が高い

腎臓内科の主な疾患

  • 蛋白尿
  • 尿潜血・血尿
  • 腎不全
  • 糖尿病性腎症
  • ネフローゼ症候群
  • 急性・慢性糸球体腎炎
診療内容一覧へ戻る